Shadowloo Showdown6の結果


日本人が数多く活躍

2/6~2/8にかけて格闘ゲーム大会「シャドルーショウダウン6」がオーストラリアのメルボルンにて行われました。

関連記事:Shadowloo Showdown6 PV – はーばーらいと

大会全体の結果は格ゲーチェッカーで事細かくまとまっているので、こちらをご参考に。いつもありがとうございます。

オーストラリア大会『シャドルーショーダウン6』結果&決勝録画リンク。ウル4は EG・ももち選手が優勝

自分でまとめるのがめんどくさいとかそういうことでは決してございません。

ウル4優勝はカプコンカップにつづいてEGももち

ss6-momochi
何故かお姫様抱っこされるももち。

こちらが決勝動画。ももち対かずのこ選手。

ウル4グランドファイナル

決勝はというとももち選手の圧勝。圧倒的ガン処理6ラウンドストレート。

ちなみにこの1試合目の中パンセビラれ弱鉄山赤セビがスカることはTOPANGAの定期配信で解説していたります。

TOPANGA TV #170

トパンガリーグのかずのこ戦の振り返りの一幕で解説しています。
(20:00~くらいから)
わかっていても咄嗟に最大を決めれるあたりさすがですね。

ももちとかずのこの二人はここ数ヶ月の活躍がめざましいですね。
カプコンカップ制覇のももち、マスターリーグ準優勝のかずのこ。
今年はこの二人に注目でしょう。
(ウメハラさんは常に注目してるので言わずもがな)

その他注目試合

sako殺意が満を持して登場

ver.2012のときにいぶきとともにメインで使っていた殺意をウル4でも再びセレクト。
しかし、韓国のインフィルがふ~どにエレナを被せたようにフェイロンにはエレナが相当イケるように見えましたが、1.04では違うのでしょうか。対策に自信のある殺意で望んだのでしょうかね。

今後ウメsakoの殺意同キャラ戦などを考えるとワクワクしますね。

ANGRY NOW


3:00~ANGRY NOW

ss6-poongko

アングリーナウとは…プーンコ選手が個人配信で負けが込んでイライラした時などに上裸になって自分で「ANGRY NOW」とテロップを出す持ちネタ。

もはや彼は芸人ですね。それにしてもだらしない腹。

日本のセス使いも負けてない

若手プレイヤーのゴンザレスくんも追い詰められてからのアングリーナウ。
これには会場も大盛り上がり。
セス使いは今後追い詰められたら脱がなくてはいけない使命ができそうですが…

アルカプ優勝はBaxter

決勝動画

かずのこ対えいた

えいた選手とかずのこ選手はそれぞれ3位、4位の結果。
えいたは準優勝のK-Bradをいいところまで追い詰めたのですが、あと一歩のところで及ばず。惜しい試合でした。

ギルティギア優勝はかずのこ

やはりギルティの”イノウエ”は強いですね。
結果はかずのこ、どぐら、sakoと日本人が上位独占。海外との差は大きいようです。

一言感想文

チャンネル登録よろしくでござる( *`ω´)
Momochi & ChocoBlanka TV – YouTube